不動産鑑定とその用途と類型

不動産鑑定とその用途と類型

不動産の鑑定評価を行う上で、その不動産の種類は価格を評価するのに大きく影響してきます。
評価にあたって、不動産の用途と価格はその土地や建物が社会的に、また経済的に見てどのような用途に供されることが適当である地域に所属するのかが大きく関わってきます。よって、その不動産が所属している地域の用途を細分化することによってより精密な評価が可能になることになります。

この際に、不動産の類型が大きく関わってきます。類型とは、更地なのか、建物が建っているのかなど、見てすぐに判断できる利用方法(類型的利用)と、その不動産の利用がどのような権利に基づいているか(所有権の上か借地権かなど)によって分類されます。たとえば、対象となる不動産が普通商業地域にあり、自分が所有している土地で私用していれば、対象不動産の土地の種別は普通商業地、類型は「自用の建物及びその敷地」になります。

 

不動産の見学会でやっておきたい工夫

 不動産の売却の際には、買主の方が不動産の内部を見に来る見学会も行われています。この見学会によって、売却できるのかにも大きな影響を与えてきますので、できるだけよい印象を与えられるように配慮する必要もあるのです。

まず、見学会の際には、室内を綺麗にしておくことは大切です。不動産の購入を考えている方は、できるだけ綺麗な不動産物件を手に入れたいと思っていますので、外観だけでなく室内が綺麗に整えられていれば、よい印象を与えることができますね。

さらに、見学会の前には室内の空気を入れ替えて、新鮮な空気を入れておくのもお勧めです。

このように、小さな配慮を行うことで、不動産を希望する価格で売ることが可能になるのです。

Blog

Calendar