不動産に対する相続税で節税する

不動産に対する相続税で節税する

故人から不動産を相続したとしても、使わない場合には売却することになります。そのような場合にも、その不動産に対しては相続の際には相続税が、売却の際には所得税等が課税されることになります。不動産は財産的価値の高い財産であることから相続税も所得税等も納付税額は大きくなります。これでは負担が大き過ぎるということで認められているのが、相続税の取得費加算の特例制度です。この制度の適用を受ければ、不動産の売却時に発生してくる所得から不動産に対して課された相続税を控除することが可能になり、所得税等を節税することが可能になります。なお、この特例制度はいつでも利用できるというわけではなく、相続税の申告期限から3年以内に不動産を譲渡した場合にのみ適用を受けられるので注意して下さい。

 

不動産建築費とハウスメーカー

 不動産建築費は、ハウスメーカーの場合はさらに安くなります。なぜかと言いますと、大量の顧客を見込んで、資材を一括で大量購入し、スケールメリットによるコストダウンが実現できるからです。また建築業界においても、最新機器の使用による不動産建築工期の短縮、新しい不動産物件建築方法の開発、建築に必要不可欠な設備・機器の大量購入によるコストダウンなど、さまざまな施策を用いて、不動産戸建物件の購入、しかも注文住宅という方式での購入を後押ししているのが現状です。
コストカットは不動産会社どうしの競争でもありますから、消費者がその恩恵を受けるという構図があります。そういった不動産地価の減少、ハウスメーカーや建築会社の努力の甲斐あってか、一般戸建住宅の価格も、東京都内でさえマンションとそう変わらない価格で販売されるようになりました。

Blog

Calendar