不動産仲介手数料がかからない物件とは

不動産仲介手数料がかからない物件とは

不動産物件を購入する時には、購入形態によっては不動産仲介手数料というものが必要になります。これは販売会社と売主が別になっている場合に必要になるもので、大体物件価格の3%に6万円を足した金額になります。
実際に購入を検討している不動産物件の価格からこの仲介手数料を弾き出してみると、おそらくかなりの金額になることに気付くと思います。つまりこの分の金額も含めて不動産購入時には予算を組む必要があるのです。
しかし中には仲介手数料がかからない物件もあります。これは販売に携わる不動産会社と物件の売主が同一の場合です。つまり販売会社が直接の売主になるので、仲介という形にならないのです。こういう物件は取引形態が「売主」になっていますので、不動産購入を検討している方はこういう物件を探してみましょう。

 

不動産投資の失敗談を自分に活かす

不動産投資のお話などを聞く機会がありましたら、成功談を聞く事も重要なのですが、失敗談もしっかりと聞いていただきたいです。失敗談を聞く事によって、その方はどのような不動産投資を行い、何故失敗してしまったのか貴重な経験を聞く事ができるからです。失敗談を聞く事で、その方と同じことを繰り返さなくなります。また違う場面で不動産投資をする機会があっても、その失敗談を少しでも活かす事ができるからです。不動産投資を少しでも成功させたい為に、成功談ばかり聞いてしまいがちになりますが、失敗談も不動産投資で失敗しない様にする為にとても大切な事ですので、かなり重要です。
不動産投資に挑戦する方は、まず失敗しないようにするにはどうしたらいいのか考えていただきたいです。

Blog

Calendar