任意売却と競売の違い

任意売却と競売の違い

任意売却はよく競売と比較されますが、どのような違いがあるのかご存知でしょうか。どちらも資金繰りの悪化により住宅ローンの支払いが困難になったり、債務が膨らんで返済のめどが立たなかったり、税金などの滞納により不動産が差し押さえになった場合などに、不動産を手放す方法として知られていますが、任意売却はより売り手に有利に売却できる可能性があります。
任意売却の方が市場価格に沿った金額での売却ができるので、残債をより減らすことができます。
さらに競売物件となると張り紙がされて周囲に事情を知られてしまいますが、任意売却であればその心配も要りません。
そして売主都合で退去時期などを決められるため、より計画がたてやすいというメリットがあります。

 

任意売却の会社を選ぶ際の注意

任意売却というのは、住宅ローンの返済が難しくなったときに、住宅を売却することで、残債を減らすことを言います。
任意売却で、一番大切なのは、どれだけ高値で住宅を売却するか、ということです。ただ、どれだけ、高値で売却できたとしても、残債が残るのが普通です。つまり、任意売却をしたから終わりというわけではないのです。したがって、任意売却会社を選ぶ際は、売却能力の高さだけではなく、アフターフォローがどのぐらい充実しているかも注意して見るようにしましょう。
任意売却後に、金融機関と返済について話合いをすることになったとき、あるいは、債務整理をすることになったときに、相談にのってくれるかどうかなどをチェックするといいでしょう。

 

Blog

Calendar