競売手続き中の場合でも任意売却は可能か

競売手続き中の場合でも任意売却は可能か

競売手続き中の場合でも、任意売却は可能なのでしょうか?
競売手続き中でも、任意売却は可能です。開札日までに競売を取下げると任意売却は可能ということです。任意売却を行うために、競売の取下げを申立人が希望するのに、これを裁判所が認めないということはありません。開札が終了しても、次順位買受申出人と最高価額買受申出人とが了解してくれれば、任意売却のために競売を取り下げてくれます。
また、申立人が申請を行うことで開札日の延期を裁判所が認めることがあります。
しかしながら、このことは何時まで競売の取り下げができるかということであって、開札期間に入ってしまうと債権者によっては取り下げに対応してくれないところも多くあるそうです。

 

任意売却における債権者の負担費用

任意売却においては、債権者に任意売却の費用を負担してもらうようになります。債権者にとっては任意売却を行うことで大変利益を獲得できるため、ある程度負担は承諾できます。でも、債権者が任意売却の費用を当然負担するというわけにはいきません。
一般的に、任意売却においては、債権者の負担費用は、仲介手数料、修繕積立金・管理費の全額、抵当権登記抹消料、抵当権解除料、引越料の一部で、残置物撤去費や税の差押え解除料は基本的に対象外です。
任意売却において、債権者が費用を負担する基準のものがあります。 それは、住宅金融支援機構の費用負担に関する基準というものです。これは、もちろん基本的に一般の債権者を縛るようなものではありません。しかし、実際には、任意売却の場合には、ほとんど共通の基準といってもいいでしょう。

Blog

Calendar