任意売却における心構え

任意売却における心構え

任意売却で難しいのは、家を手放すことを決断することでしょう。
今までずっと住んできて、ローンも払い続けてきたのに、任意売却したら、すべてが消えてしまうわけです。
ただ、厳しいことを言うようですが、任意売却しないままでいても、滞納が続くと、結局、競売にかけられ、家は失うことになります。
任意売却をするほうが、残債を減らすという面でも、スムーズな引越しをするという面でも有利です。
住宅ローンの滞納をすると、信用情報機関の事故情報に登録されるため、しばらく、住宅ローンなどの借金はできなくなります。
しかし、それもずっと続くわけではなく、10年も経てば解除されます。つまり、任意売却をした後、家を新たに手に入れることもできるのです。家を失うということばかり意識するのではなく、いつか家をもう一度取り戻すという意識で任意売却をするのがいいでしょう。

任意売却の専門の業者に相談してみましょう

担保不動産の競売決定通知が届いてからでも、任意売却を行うことはできます。ほとんどの債権者が、任意売却は競売を行うのと同時でも認めてくれます。しかしながら、この場合には、急ぐ必要があります。そのまま放置しておいた場合には、入札期日通知というものが届きます。これが届いても間に合いますが、かなり時間的には厳しくなります。債権者によっては、競売の申立を行った後の任意売却は認可してくれないことがあります。
しかし、それでも全く方法がないということではありません。
とにかく、最後まであきらめないで、すぐに任意売却の専門の業者に相談してみましょう。相談するとすぐに任意売却を行うということではありません。
検討を行う時間は十分にありますので、是非、相談してみましょう。

Blog

Calendar