任意売却で自宅を業者等によって買取してもらう方法

任意売却で自宅を業者等によって買取してもらう方法

任意売却において、自分の家を手放さない方法として、業者等によって買取してもらう方法があります。任意売却の際に、業者によって買取してもらって、その業者から賃借を行って買戻すという方法です。
しかしながら、任意売却の場合、この方法では、業者として採算が成立するような安い売却価格になるため、容易には担保権者は任意売却に応じてくれません。
また、もし任意売却が成立したとしても、賃借料を支払うことができなくなったり、買戻しを行うための資金を調達することできなかったりすることなどで、最終的には業者の手元に残ってしまうということになりかねません。
それではなぜ任意売却を行うのか分からないし、大変な負担だけが残ることになってしまいます。

任意売却後に残る債務について

当たり前のことですが任意売却を無事おこなった後の残った債務についてですが、当然払っていく必要があります。ただ任意売却の場合は債権者側の理解を得た上での売買になりますので、月々の返済額に対しても柔軟に対応してもらえます。競売のように待ったなしで指示のとおり動かなくても良いので安心です。月々の返済も任意売却だと自分のライフプランに合わせて毎月3万円や5万円といったように決められることが可能になっています。
また任意売却をしようか迷っている場合でもわざわざ債権者側から仲介者を紹介して任意売却を勧めてくるケースもあります。それだけ任意売却は債務者、債権者双方にとってメリットがあると言えるのではないでしょうか。

 


Blog

Calendar