任意売却後、ローン残高がある場合

任意売却後、ローン残高がある場合

任意売却後、ローン残高がある場合に注意しなければならないことはローンの支払い滞りなく行うことです。その際、毎月支払うローンの金額が任意売却金額の債権者との合意が取れていることが重要で、任意売却をしてよかったかどうかが決まります。もし滞ってしまった場合、任意売却した後でも、債権は残るわけで、債権者には債務者に対して支払いを促すことができる権利があります。つまりは強制的に給料を差し押さえる権利もあるということです。差し押さえの額が生活を維持する上で厳しい水準となってしまう場合は、任意売却の際しっかりと話し合って置きましょう。
くれぐれもこれだけしか払いません!と熱くなって言わないこと。払いたくないから払わないと悪意があると勘違いされますので。

任意売却は多角的に物事を考える事が必要

任意売却は、不動産の持ち主と住宅ローン業者のみの物事と考える方が多いです。実際にそういった面もあるのですが、もう少し高くて気にいろいろな方向から物事をとらえたほうがよろしいです。任意売却ですが、複雑な内容になっている事もあります。そもそも、お金が絡んでいる事でもありますので、単純に解決できないのが任意売却というものです。
任意売却を綺麗に成功させたいのでしたら、弁護士や司法書士といった、法律の専門家と緊密に連携することが必要です。業者の中にはそういった部分を考えてくれているところもありますので、そのようなところを積極的に利用しましょう。多重債務状態に陥っている場合や、保証人がいる場合にも法律家との連携は大切になります。任意売却は家を売れば解決とはいかない事もあります。もしもの時に備えましょう。

【神奈川県(横浜市)】
横浜市/ 鶴見区/ 神奈川区/ 西区/ 中区/ 南区/ 港南区/ 保土ヶ谷区/ 旭区/ 磯子区/ 金沢区
港北区/ 緑区/ 青葉区/ 都筑区/ 栄区/ 泉区/ 瀬谷区/ 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
川崎市/ 川崎区/ 幸区/ 中原区/ 高津区/ 宮前区/ 多摩区/ 麻生区


Blog

Calendar