任意売却と債権者である金融機関について

任意売却と債権者である金融機関について

任意売却と債権者である金融機関について。金融機関はおおむね残債を長期間保有することは経営上行いません。
つまり、もし任意売却でローンが残った場合、その債権の回収を債権回収会社に依頼することになります。つまりは債務者にとって最悪のパターンである、不動産競売にかけられてしまうという意味です。不動産競売にかけられた物件の取引価格は任意売却した場合より非常に安く見積もられます。銀行にとっては任意売却で得られる金額の多さよりも、競売にかけてなるべく早く債権を回収したいと考えるからですね。
ただし債権回収業者に○○円のローンを支払えば残債は放棄されますという打診あるケースもあるので、必ずしも任意売却より不利になると言ったらそうは限りません。

任意売却において結構苦労することが多くあるそうです

当然のことですが、任意売却の場合には、買手がないと任意売却を行うことはできません。
しかしながら、「売却できないような不動産はない」わけですから、どのような物件でも売却価格がいくらでもいいのなら買手というのはいます。しかしながら、問題というのは売却価格になります。
売主がいくら任意売却の売却価格を気にしないといっても、債権者の場合はそのようにはいきません。
競売価格を回収額が下回るようでは、費用と手間をかけて任意売却を行う意味が全くないことになるため、債権者はそうであれば競売を選ぶようになります。
競売物件の裁判所の評価額は最近ではかなり高くなっているために、任意売却において結構苦労することが多くあるということです。

Blog

Calendar